【簡単】自信を育てる!すぐに試せる4つの方法

自信を育てよう メンタル

こんにちは❗❗ こあ(@coa1755)です。

このページはこんな悩みを持つ人に向けて書いています。

  • 自分に自信がなくて、オドオドしてしまう。
  • 優柔不断で、何事もすぐに決められない。
  • 気力が湧かず、何をやるのも億劫に感じる。

この状態に共通なのは、「自分で自分を信頼できない」心理です。
そんな状態のとき、私達はネガティブな自分に負けそうになります。

「もっと自信があれば・・・」「堂々としている人が羨ましい・・・」
そんなウツウツとした気持ちを攻略する4つのトレーニング法を紹介します。

心のリミッターを外し、無になって、やってみましょう!

スポンサーリンク

今すぐできる、自信を育てる4つのトレーニング

小さな買い物を、直感で選んでみる。

ネットショッピングが普及した今、口コミを見て買い物するのは普通ですよね。
でも自信がないときは、いい口コミも悪い口コミも目に入り、かえって決められなかったります。

そんなときは敢えての「直感買い」です。

例えば、お手頃なコスメを店頭で試し、「いいかも」と思ったら買ってみます。

「自分で試し、良かったら買う」

このシンプルな手法が、けっこう、即効性あるんです。

さらに人にも勧めて、喜んでもらえばより気分上昇です。
ただし、失敗するのも怖いので、私は1,000円以下と決めて試しました😁

無計画に、行きたいところに行ってみる

予定のない休日、たまたまテレビで目にした観光スポットに、ドライブしてみる。
目的なんか無くてもいいんです。
好きな音楽を聴きながら、初めての道をナビ頼りに走ってみましょう。
辿り着けた時の達成感が、「小さな冒険やりきった!」という自信を与えてくれます。

電車やバスの旅もいいですね。
遠すぎず近すぎない、近場のスポットを選ぶのもポイントです。

 

自分の感情を言葉にしてみる

自信がないときは、心のセンサーが鈍っていたりします。
普段なかなか意識しない自分の心の声に、耳を傾けてみましょう。

簡単にできるのは、感情を「言葉にしてみる」ことです。
その時の主語は、「私」です。

「私は今、自分に自信が持てなくて悲しい」
「やる気が起きなくて、私は今、惨めな気持ち」

マイナスな感情でもいいんです。

自分の感情を心の中で声に出して、味わってみることが大事です。
(「感情に、善悪はない」のです)

そして、「今は悲しいけど、楽しい、嬉しい気持ちも、きっとやってくる」
ポジションな言葉で閉めれば大丈夫です。

好き、嫌いを素直に表現してみる

上と同様に、今度は自分の「好き」、「嫌い」にフォーカスです。

ちょっとした2択をする場面などで、「私はこっちが好き、これは好きじゃない」と、意識してハッキリ好き嫌いを口にしてみましょう。

繰り返しですが、「感情には、良いも悪いもない」です。

ここでも大切なのは、「私は~」と主語を自分にしていること。
自分の素直な気持ちを言葉にするトレーニングです。

 

スポンサーリンク

まとめ

自信を育てるために、すぐできる4つのトレーニングを紹介しました。
簡単で拍子抜けしませんでしたか???

そうなんです。
こんな簡単なことが、意外にできていなかった自分に気がつくはずです。

以前の私も、自信がなくて仕方なかった頃は、大きな選択や決断(進学や就職)ほど、「人に委ねて」いました。

それってそのとき一瞬はラクなんですけど、自分を裏切る行為だし、後から必ず苦しくなるんですよね。

そしてそんな自分にものすごく自己嫌悪を感じたりして・・・

だから、真逆のことをしてみようと決めました。
「小さなことから、自分で決めて、責任を取る」というトレーニングです。

地道ですけど、振り返ってみると、こういうことの積み重ねが結局「ブレない自分」を作ってるな、と経験から実感してます。

繰り返しですが、ポイントは「心を無にして、やってみる」こと。
小さな積み重ねが積もれば、それは必ず自分の力になって、あなたを支えてくれます。

ゆっくりでもいいんです。
今日から少しずつ、始めてみませんか?

 

ではまた。