【実録】発達障害の適職とは?当事者が続いた仕事、続かなかった仕事

発達障害

こんにちは。こあです。

大人になってから発達障害と分かりました。

今まで就いた仕事はどれも長続きしなかったですが、それでも比較的、続いた仕事、続かなかった仕事がありました。

発達障害を持っててこれから仕事を探す、または今の仕事が合わない・・・と悩んでる方は必読!

社会人10年間やった中で、私が続いた、続かなかった仕事ベスト3です。

 

続いた仕事
1位:役所の事務補助
2位:工場
3位:パソコン講師
続かなかった仕事
1位:カフェ店員
2位:ベンチャー企業
3位:役所の準社員

 

それぞれ詳しく解説します。

スポンサーリンク

仕事のイメージが掴みやすいものほど、適職になりやすかった


1位の事務補助は、マニュアルが徹底していてとてもやりやすかったです。朝にお茶出し、帰る前にごみ出し、何曜日はコレコレ、というふうに。

1日の仕事スケジュールがあり、定時がくれば仕事終了。
学校みたいな雰囲気ですね。

また、仕事を職員の指示のもと行い、1つの作業が終わるごとにチェックしてもらう、というのも、安心でした。

(それでもときどき、良かれと思って勝手な判断で仕事をしちゃって怒られる、というのはありましたが・・・(^^ゞ)


2位の工場は、体力的には大変だけど仕事が時間でスパッと終わるし、人間関係もサッパリしてて、性に合ってました。

勤務スタイルも、派遣登録して、やってみたい仕事を単発でやり、合わなかったら別なところに行けるし、合えば、続けても良いし。

すごく快適でした。

ちなみに工場の仕事はココで探しました。
↓職種豊富で探しやすいのでオススメ

キャストポータル

 

3位のパソコン講師の仕事は、単純に教えるのが楽しかったのと、パソコンが好きだったので自信持ってできました。

特技を活かす系の仕事も、一つのことに熱中できる発達障害ならではの特性かなと。

 

次に、向いてなかった仕事です。

 

スポンサーリンク

「臨機応変に」「やり方は任せる」の仕事は適職となりづらかった

 

1位カフェ店員は「いつ、どんな人が入ってくるか分からない」のが不安でストレスでした。(それがカフェなのに(^_^;))

また色んなお客さんへの臨機応変さが求められ、突発的なことにも対応できず、パニックになって、ほとんどクビに近い形で辞めましたね。

 

2位のベンチャー企業は新卒で入ったのですが、人の入れ替わりが激しく、仕事であちこち出向する会社でした。

人間関係が慌ただしいパターンですね。

これも発達障害的には向かないのか、長続きしなかったです。

 

3位は、役所のアルバイト時代に仲良くなった職員に勧められ、試験を受けたら合格して、やりました。

けれど、アルバイトと社員では責任も仕事の量も雲泥の差でした。

上司から「仕事の大枠」は与えられるのもの、「あとは各自でうまくやって」というスタイルで、仕事も1年間のスケジュールを自分で立てなくてはならず、ぜんぜん対応出来なかったですね。

1年間のスケジュール、って、頭でイメージが全くできないんです。

 

これらの仕事に共通するのは、「臨機応変に、うまくやる」

これ、仕事ができて人間関係も円滑に進められる人にとっては、やりやすい環境なのでしょうが、自分にはすごく難しいパターンでした。

スポンサーリンク

適職に近づくためのパターンがあった

 

こんな風に失敗ばかりの社会人生活でしたが、振り返ってみると、仕事が続く、続かない、にはパターンがあると感じました。

続きやすい仕事パターン

  • 仕事のマニュアルがある
  • 仕事に終わりがある(1日が終われば強制終了)
  • 単純作業
  • ルーチン作業
  • 得意分野を極められる

続きづらい仕事パターン

  • 仕事を指示する人がいない
  • 仕事内容がザックりしてる
  • 臨機応変さが必要
  • 予定変更が多い
  • 人間関係が複雑

※あくまで、どちらも私の経験上、です。

 

これに気が付がつかないうちは、向いてないのにイメージだけで選んだり、前に失敗したパターンを繰り返したりして、また辞めたりとかしょっちゅうでした(-_-;)

けど今後は、たとえ憧れの仕事だとしても、続かないパターンのお仕事は絶っっ対に選ばないつもりです。会社にも迷惑かけますしね。

 

スポンサーリンク

仕事を見極め、適している✕得意分野でいこう

 

とはいえ仕事は、やってみて初めて、合う合わないが分かるってこともありますよね。

でもある程度、自分の苦手や得意を知ってから選べば、リスクは減らせます。

その上で「やっぱり合わない」「これ意外と得意!」となれば、より確信持って仕事選びが出来ます。

一発で適職に就けなくても、徐々にシフトして、苦手なことは避け、好きや得意に集中できる仕事を選びましょう。

 

おわり