「こんどご飯行こうよ!」への対応法

処世術

こんにちは。こあです。
私は友達がいません。
なので基本、ひとり行動。とっても楽ちん♬

そんな私でもときどき、人からご飯に誘ってもらうことがあります。
相手は、しばらく連絡をとってなかったけど、わりと親しくしてた同僚とか、知り合いとか・・・

でも、有り難いのですが、この「今度、ごはん行こうよ!」が苦手です・・・。

ひとり行動に慣れすぎてるから、人とゴハン行くのが緊張する、ってのもあります。
でもそれ以上に苦手なのは、「相手は本当に、自分と、純粋にご飯行きたいのか!?」と、相手の心理を考えちゃって、不安になっちゃうんですよね。

うさ
うさ

気にしすぎじゃない・・・?

こあ
こあ

いやいや。ここの読者さんなら分かってくれるはず!

発達障害の特徴として、「人の言葉をそのまま受け取る(お世辞や嫌味を理解できない)」というのがあるそうです。
だから基本、「ご飯行こうよ」と言われたら、「誘われた」と認識します。
ここで、「行くか、行かないか、返信しなきゃ」となります。
で、頑張って「行く」となって、約束とかします。
けれども、後になって、「この人、ほんとに自分とご飯行きたいの?それとも、社交辞令???」「そもそも、私、あんまり行きたくないんだけど・・・」
と悩み始め、モンモンとする・・・。
なんとか約束しても、当日が迫ってくると、「ほんとに、自分とゴハン食べ行きたいのか?なんかもう、めんどくさい!!」とか思い始めて、ゆっくり夜も眠れません 笑

もう、誘われないほうがいいのに!と思ってしまう。

今日はそんな「こんど、ご飯行こう」の対処法のお話。

スポンサーリンク

誘う人の心理は3パターン

あくまで私の経験談からですが、ご飯行こう、と言ってくる人の心理には、次の3つに分類されるっぽいことが分かりました。

① 純粋にご飯したいパターン→親しい友人、家族など
② 損得勘定のみがあるパターン→仕事相手
③ その両方があるパターン→恋愛感情

 

結論から言うと。。。

①自分の気分と都合で決めて大丈夫。
②仕事上、必要に応じて。辞めた会社の人とか、自分が今後、戻る気がないなら、それとなく断っていい。貸しを作りっぱなしは、辞めよう。
③自分の気持ちで、②より、さらにハッキリさせた方がいい。損得の代償がおたがいの「心」だから、お金よりも怖いから。→恨み、など事件にもなり得る。

 

①と③は、気持ちに正直になれるだけ、まだ決めやすいですよね。

いちばん悩ましいのが②だと思います。

スポンサーリンク

誘うのは「あなたを頼りにしてる」から

最近、私はこのパターンで誘われ、悩みました。
前に務めてた会社の上司からの誘いです。
その職場も、上司も、わりと好きでしたが、私は体を壊したのが原因で辞めていて、今後も、その職場にも業界にも、戻らないと決めていました。

上司には可愛がってもらったし、嫌いじゃないから、ご飯行こうかなとも思いましたが・・・

結果、うやむやにしています。

 

なぜなら、やっぱり、「その職場に戻る意思がない」からです。

もしご飯に行ったら、その後、どうなるか?自分が悩みそうなことを、こう予想しました。

上司が、私の体調がよくなった頃を見計らって、「今度、仕事またやらないか?」と誘ってくる。
私は、「ご飯おごってもらったし、やらなきゃダメかな・・・」と気にし続けるだろう。

だから、ご飯は行かない。
以上。

察するのが苦手な私達は、決断の根拠をハッキリさせた方が決めやすいです。

それでも、やっぱり、断っていいのかな?って悩みますよね。
ご飯くらい行ってもいいじゃんと。

でも、そんなに気にしなくて大丈夫。なぜなら、あなたと相手の間に、「仕事」というものがあるから。
仕事でも、人間的にも、あなたをある程度、評価してくれているから、誘ってくれているんだと思えばいいのです。

その事実だけ有り難くいただき、自信にしましょう♬

悩む時間とストレスは、排除です。

ではまた。